スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brave Bot の作り方 〜材料・道具編〜


11/8に、名古屋ライフハック研究会にて Brave Bot に関する LT(5分間のプレゼン)を
させて頂きました!

参加者の皆様に1つずつ Brave Bot をプレゼントしたところ、Twitter やFacebook で
紹介して頂き、とても嬉しく思っています♪

さて、その際数人の方から「どうやって作っているの?」「どんなペンを使っているの?」
といったご質問を頂きましたので、材料・道具編と製作編に分けて作り方をご紹介します。


〜Brave Bot を作る際に必要な材料・道具〜

Brave Bot を作る際に私が使用している材料・道具は以下の4つです。

1. ドミノ
2. ペン
3. 水性ニス
4. 筆

それぞれ何を使っているのか、詳しく説明します。

1. ドミノ

【これがドミノ本来の遊び方!お求めやすい価格で登場♪】ドミノ(袋入り) W6【これがドミノ本来の遊び方!お求めやすい価格で登場♪】ドミノ(袋入り) W6
()
ニチユー

商品詳細を見る


日本製のドミノはカラフルだったり木製だったりして Brave Bot には向かないので、
(たぶん)海外製の上記製品を使っています。
*ドミノの裏側にはサイコロの目のようなものがありますが、 Brave Bot と
 関係はありません。それを使って遊ぶのがドミノ本来の遊び方のようです。

2. ペン

私は以下の3種類を使っています。

ペイントマーカー
三菱鉛筆 ペイントマーカー(細字)

ポスカ
三菱鉛筆 ポスカ(細字、極細)

なまえペン
寺西化学工業 なまえペン

Bot の顔や体のベース部分はペイントマーカー、歯や目・体の模様部分はポスカ、
輪郭はなまえペンとポスカの極細というように使い分けています。

3. 水性ニス

PADICO パジコ ウルトラバーニッシュ スーパーグロス 透明 200ml 2本セット 0292587PADICO パジコ ウルトラバーニッシュ スーパーグロス 透明 200ml 2本セット 0292587
()
abt

商品詳細を見る

ペンがにじまず、つるつるにコーティングできます。おすすめ。

4. 筆

筆
ダイソー 平筆 5本セット(馬毛・やわらかめ)

一番太い12号の筆を使うと、ひと塗りでドミノ全体をカバーできます。
ナイロンより馬毛の方がやわらかくてがおすすめ。

とまあこんな材料・道具を使って Brave Bot を作っています。
次回は製作編として Brave Bot を作る過程を紹介します♪

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。